ローディング

Loading0%

News

お知らせ

P2P電力取引システムの共同実証実験で有効性を確認

2020.11.13

 東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 田中研究室(以下、東京大学)は、トヨタ自動車株式会社 未来創生センター(以下、トヨタ)、TRENDE株式会社(以下、TRENDE)と共同で、ブロックチェーンを活用し電力網につながる住宅や事業所、電動車間での電力取引を自律的に可能とする次世代電力取引システム(P2P電力取引)の実証実験を、2019年6月17日から2020年8月31日まで、トヨタの東富士研究所と周辺エリアで実施してまいりました。その結果、当取引システムは、「再生可能エネルギー(再エネ)の効率的な利用を実現する自律的な電力需給システム」であり、かつ、「電力料金削減」に有効であり、実証実験に参加した一般家庭(含、電動車)の電気料金を約9%低減できることが確認されました。

全文(PDF)はこちらをご覧ください。
http://www.ioe.t.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2020/11/P2P実証終了リリース_UT.pdf